Xcode 5のAsset Catalogを使うとアプリアイコンやスプラッシュスクリーンのとどまらず、アプリ内で使ういろいろな画像を簡単に登録することができます。

続きを読む