モバイルアプリのUIデザインはドットプルーフ株式会社へ

All posts tagged iPhone

iPhone 6で改めて考える画面解像度とUI

新しいiPhoneの6と6 Plusが発表になりました。従来モデルよりそれぞれ少しづつ大きくなっていますが、日本ではまた人気が出るのでしょうね。特にiPhone 6 Plusの方は5.5インチと発表されていますので、前の…

続きを読む

PNGの代わりにWebPを使ってリソースサイズを削減する

透過付きのPNGファイルでは画像サイズが大きすぎる場合、AndoridではwebPという形式を使って減量化することができます。

続きを読む

Xcodeのアセットカタログで拡縮するグラフィックを作成する

Xcode 5のAsset Catalogを使うとアプリアイコンやスプラッシュスクリーンのとどまらず、アプリ内で使ういろいろな画像を簡単に登録することができます。

続きを読む

PNG Hatで書き出し作業を効率化する

PhotoshopでUIパーツを作成している人の多くは「WEB用に保存…」を使って書き出していると思います。Photoshop CCにはそれとは別にGeneratorという機能が加わり、スライスを使わなくてもレイヤーごと…

続きを読む

モバイルアプリの最小タップサイズを考える

モバイルアプリのUIデザインで難しいのはターゲットとなるデバイスの画面サイズに様々なサイズのものがあるということです。画面の大きさにはいろいろあっても人間の手や指のサイズはほぼ誰でも同じですから、どんな画面サイズであって…

続きを読む